Hyelee

ObENチームには、パーソナルAI技術に携わり、Project PAIブロックチェーンにコードを提供する有能な研究者と開発者が一所懸命研究を続いています。しかし、自社の多くの社員が自信を持っていて、すごい知識や才能を持っていても、ObENはいつももっと高い目標を設定し、それが達成できることを追求します。私たちは常に、世界の優れた大学や研究機関から人材を募集し、協力できる方法を検討しています。

だから今月、ObENのCOOであるAdam Zheng氏は、世界でも最高の大学の一つと考えられている「UC Berkeley」に向かいました。彼は、この学校を卒業しましたので、久々にObENのテクノロジーを共有するため、自分の母校を訪れました。
berkeley1.jpg 

バークレー・チャイナ・サミットで起業家やノーベル賞受賞者と舞台を共有することで、アダム氏はプロジェクトPAIブロックチェーンに関するObENの活動について話し合い、PAIのエコシステムを拡大するための研究と商業的関心を共有しました。彼はまた、ブロックチェーンのアプリケーションが技術、特に人工知能の世界を変えている様々な方法についても話し合いました。

berkeley2.jpg 

また、ObENチームはインターナショナル大学・イノベーション・アライアンス(IUIA)のビジネスピッチコンクールにも参加しました。ここでは、ブロックチェーン上でPAIを使うことで、インターネット3.0、人工知能、他の新興技術を扱う他の企業との競争で勝ち、決勝にも進出しました。この勢いで、募集活動にも参加しました。特に、PAIのテクノロジーは世界の誰もが自分のバーチャル分身を持つようにするため、本当にスマートな人じゃなければ、この仕事は任せません!

このようなイベントは、PAIブロックチェーンとパーソナル人工知能の適用範囲と普及にとって不可欠なイベントです。

Adam氏は、ユーザーのように見え、ユーザーのように話すスマートなデジタルアバターであるObENのPAIをを、テクノロジー分野の多くの主要リーダーと共有してきました。 Adam氏は、シリコンバレーの中心で、サミット前の夜、プライベートパーティーに参加し、コンピューター学習、暗号、機械学習、人工知能の世界的な有力な専門家の心を引くチャンスを得ました。

1_piTh-8K-B9ZGAQxWvS4pog.jpeg 

「Adam氏とモバイルチップの父と呼ばれる、今年コンピューター学系のノーベル賞と呼ばれる「チューリング賞」を受賞したBerkeleyのDavid Patterson教授」
berkeley3.jpg 彼はまた、世界で一番影響力のあるコンピューター科学者であるMichael Jordan博士と機械学習の研究を共有しました。ロボット
bekeley4.jpg 
また、PAIとユーザーのデータをProject PAIブロックチェーンで安全に保護するビジョンを暗号専門家であり、コンピューター学系のノーベル賞と呼ばれる「チューリング賞」受賞者であるShafi Goldwasser博士と共有しました。パソコン
berkeley5.jpg 

Adam氏はまたBerkeley人工知能・リサーチ・研究センターの共同責任者であるTrevor Darrell博士とPAIブロックチェーンでの作業アルゴリズムであり、マイニングパワーを使ってアルゴリズムをトレーニングする、「Proof-of-Useful」について話し合いました。グッド!

 

研究者とのコラボの道を探ることは、世界で最も明るい精神をPAIブロックチェーンのエコシステムにもたらし、ユーザーのパーソナル人工知能がより多くの有用なスキルを持つように開発することです。まだまだ、エキサイチングな大学のコラボがたくさんあります。次は、どんな大学とのコラボでしょうか?一番最初にニュースを見たい方は私たちのSNSをフォローしてください!お見逃しなく!爆  笑

 

ニュースレターの購読申し込み:  https://projectpai.com/#sign

最新のニュースや最新情報については、プロジェクトPAIのコミュニティーにご参加ください。口笛

 

PAI Forum:  https://www.paiforum.com/?forum=665379

Line:  http://line.me/ti/g/ydZqoNZFOX

Telegram:  https://t.me/ProjectPAIJapanOFFICIAL

Twitter:  https://twitter.com/projectpai

Facebook:  https://www.facebook.com/projectpai

Medium:  https://medium.com/project-pai

Youtube:  https://www.youtube.com/c/projectpai

 

© 2018 Project PAI Foundation

 

 

 

 

 

Quote 0 0