Hyelee
tara-jpW.jpg 

ObENは、米国で最も古く、最も権威のある教育研究病院グループであるMedStar Georgetown病院lおよびMedStar学術研究機関と提携して、慢性疾患のある心不全患者のパーソナルAI(PAI)ウェルネスアシスタントの使用に関する研究を行っています。ObENは、医師が患者の自宅まで医療を拡大できるようにする、アバターベースの革新的な患者ケア管理システム(PAIケアと呼ばれる)を開発しました。公式発表は次のとおりです。

https://www.medstarhealth.org/mhri/news/research/2019/03/04/oben-creates-healthcare-avatar-for-medstar-health-heart-disease-study/

 

PAI Careは、各医療機関に合わせてカスタマイズされたモバイルアプリであり、処方された毎日の健康ルーチンに基づいて、患者の症状と健康状態を毎日監視するために使用されます。アプリ内の看護師のPAIアバター(Taraと呼ばれます)は、患者に、体重の監視、薬の時間通りの服用、食事の管理と報告など、医師の指示をどれだけ順守しているかを確認するための一連の質問を患者に求めます。患者の応答は、すぐにリモートの患者管理センターに送信され、患者監視ダッシュボードに表示されます。このダッシュボードには、満足度(緑)から重大(赤)に色分けされた患者の状態が表示されます。患者の応答が重大であると特定した場合、患者は、すぐにフォローアップのために医師に連絡するオンコールのヘルスモニターへの即時テキストおよびメールアラートを設定します。 PAI Careは、緊急警報システムに代わるものではありませんが、悪化する前に医師が患者の状態を検出し、状況を修正するために介入するのに役立つ非常に便利なツールです。

MedStar-GeorgetownとObENは、生物医学および公衆衛生の研究を担当する米国政府の主要機関である国立衛生研究所(NIH)からの助成金を含む、音声およびPAI Careのアバター対応の医療研究を実施しています。リモートの患者管理にPAI Careを使用することは、他の医療専門家や医療提供者にも拡張できます。次のプレゼンテーションでは、PAIケアとその潜在的なユースケースに関する追加情報を提供します。

https://docs.google.com/presentation/d/12CLnDOgIiIp145fTBS1KJLfjP3vNP6dAC-6f6yScaMs/edit?usp=sharing


医療アプリケーション開発者、病院、および医師グループは、独自のリモート患者管理ソリューション向けにPAI Careを構築および拡張できます。世界のさまざまな地域でPAIケアを実現する方法についてのアイデアを聞き、生活の質とケアを改善する方法で潜在的なパートナーと協力することに興味があります。 PAIケアの詳細については、ObEN contact@oben.com )にお問い合わせください。

Quote 0 0