aberteaux
映像の後ろにあるレディース服の店には「中秋節バーゲンセール」の紙が貼ってある

研究室に座っている何希は、午後の間ずっと効率が上がらなかった。この数日間であったことを全部思い返していた。見知らぬ女、見知らぬ男、ビルの真向かいのケーキ屋、壊れたハードディスク、彼女は一体どんな秘密を隠していたのか、死ぬ前に何があったのか、本来の静かな生活がどうして突然終わってしまったのか。何希は彼女と一緒に過ごした日々を詳細に思い出し、かすかな手掛かりを見つけようとしていた。彼女のルームメイト、仲良しとクラスメート、共通の友達以外には、彼女は他の人と交わることがなく、疑うに値するような人物の話を彼の前ですることはなかった。一番重要なのはハードディスクだ。何希は危険が伴うがやりたくてたまらないことを考えていた。自分でケーキ屋へ行って、壊れたハードディスクをなんとか取ってくる。

もしかすると、友達を通じて、その方面に詳しい専門家に修理を頼めるかもしれない。そう思って、何希は某宝で偽の記者証を入手し、記者に成りすましてケーキ屋へ行きハードディスクを渡すよう要求しようとした。二日後の昼、何希は見知らぬ女の説明にしたがって、そのケーキ屋を見つけた。その店は商店街の一番南に位置し、彼女の事件が発生したビルの方を向いていた。地元でちょっと有名なケーキブランドのチェーン店とはいえ、建物や外装から見るに数年はたっているようだ。何希は、彼女がこの店のケーキを別に美味しくないと言っていたことをぼんやりと覚えていたし、彼と一緒に来ることもなかった。彼女がここで他の人と会う約束をしたということは、急に決めたことではなく、相手が事前に場所を指定したからであることは明らかだった。何希がケーキ屋の前に着くと、自動ドアがぱっと開き、たっぷりのバターがミルクに混ざったような香りがしてきた。「いらっしゃいませ」カウンターの向こうにいる店員は顔も上げずに言い、手元の仕事に忙しいようだった。ケーキが並んだガラス棚はツヤツヤとしており、暖かい明かりの下で、お菓子は非常に美味しそうだった。何希は色々なケーキがびっしり並んだ棚をよけて、透明なガラスの壁に近い席へまっすぐ歩いていった。事件の前、彼女はここに座っていたはずである。

何希が探しているのはカメラの位置だった。彼はその見知らぬ男の顔をはっきりと見たかった。席が監視カメラに写る範囲内であることを確認すると、何希はレジへ行って、今度は用意した偽の記者証を取り出した。「こんにちは。私は河城晩報の記者です。数日前に向かいのビルであった事件について知りたいのですが、あの日ここで何か変わったことはありませんでしたか?」何希はここに来た理由を直接伝えずに、話の頭から話そうと気を付けた。痩せた店員の青年は、手に持っていた空のトレイを置いてエプロンで手を拭き、プラスチック製の黒縁眼鏡の向こうから視線をよこしたが、目には若干面倒くさそうな気持ちが現れていた。「あの日は、私じゃなくて、うちのマネージャーがシフトだったんです。私に聞かれても何も知らないですよ。」「聞いたところによると、あの日被害者はこのケーキ屋に来ていたようですが、監視カメラを見せていただけないでしょうか?」最初に断られたため、結局何希は我慢できずに本題に入っていった。「社会ニュースは事実を書かなければならないので、証拠をお願いしたいだけなんです。」

店員の青年は眉をひそめた。「監視カメラはありません。前に警察が出すよう言われましたがうまく使えなかったんです、うちの設備が壊れていたから。今使っているものは全部新しく交換したものです。」「では、壊れた原因はご存知ですか?」何希は成果もなしに手ぶらで帰りたくない一心で、問い詰めるような口調で聞いた。「この設備は元々調子が悪く、それも一度だけではありませんでしたよ。前日の夜に突然の停電があったかと思ったら、翌日には使えなくなりました。」青年はまだ終わらないのかといった態度だった。「停電?それは事件の日の夜のことですか?」何希は聞き返した。「はい、事件の当日の夜です。翌日に私が来た時に電気がきていなかったんです。商店街のセキュリティ担当いわく、電力の使用量が多すぎて、使い終わった後にすぐにショートしたみたいです。以前の映像は全部なくなってしまったし、設備も使えなくなったんです。」店員の青年はすでに違う方向を向いていた。そこで何希はやっと彼の後ろに注文しようとしている人が数人、イライラしながら立っていることに気づいた。「最後に一つだけ、最後に一つだけ。その壊れたハードディスクは今どこにありますか?」何希は諦められなかった。「マネージャーに持って行って処理してもらいましたから、彼を探してください。そこに彼の名刺があります。」青年は何希の質問攻めに我慢の限界がきているようで、レジの右端に2つ置いてある名刺入れをあごで指した。

何希は名刺を手に取ってケーキ屋から出た。この小さな薄い紙には見た目よりもずっと価値があり、彼は慎重に自分の財布の中に入れた。そして携帯を取り出し、停電の事を目の周りにくまがある刑事に言おうか考えていた。何希には未来が見えるようだった。もし彼が密かにこの事件を調査していることを言ったら、くま刑事は必ず彼を止めに来るだろう。それに、偽の記者証まで用意してしまったので、どうやって情報を手に入れたのか聞かたら、それほど責められないだろうが、何かの条例に違反していて、数日捕まったりしたら、それこそひどいことになる。何希は携帯をしまい、上着をはおり、学校に向かって歩いていった・・・

夜が深くなり、何希はベッドに横になっていたが、どうしても寝つけなかった。彼はこの数日で調査したことを少しずつつなげてみたが、全く手がかりは見つからなかった。
これらはもともと彼の世界とは関係ないことで、突然彼の身に降り注いできたことだった。何希は全く考えてもいなかった。学校からあんなに近いビル、あんなに近いケーキ屋、表面上はあんなによく知っていた彼女が、つなげてみるとまるで答えが無いような難題になってしまうとは。考えれば考えるほどおかしいし、考えれば考えるほど苦しかった。何希は急に起き上がってベッドに座ると、同じ部屋で寝ているルームメイトを邪魔してしまったか気にした。何希がルームメイトを見ると、彼は寝返りを打って、また規則正しくいびきをかき始めた。

違う!違う!何希は独り言を言いながらベッドからおりた。ケーキ屋がある商店街はほとんど商店で、夜には全部閉店するのに、誰が真夜中に消費電力の大きい設備を使うのだろうか?商店には夜も電気をつけておく習慣があるけども、電気の負荷を大幅に超えてショートするようなこともない。そう考えながら、何希は机のところに行き、スタンドの電気をつけた。机の上には去年アモイへ旅行に行った時に彼女と一緒に撮った写真がまだ置いてあった。

何希は急に辛い気持ちになった。彼女に対する感情は、いやらしいものではないけども、時間が経つにつれ情がわいてきていた。何希は彼女のWeiboにログインした。二人の共通の思い出を見つけたかったのだ。奇妙なことに、「前回ログイン」で表示されたのは「2日前」だった・・・彼女の死からすでに5日経っている。何希は目を丸くして、彼が見ているのが現実なのか確認した。まさかこのアカウントが人に盗まれたのか?Weiboのページを閉じて、何希は彼女のメールボックスにログインした・・・

驚くことに、彼女のメールボックスは、受信メールも送信メールもすべて削除されていた。しかし下書きボックスに2通だけ残っており、そのうちの1通は「前回の編集」がなんと「1日前」になっていた。何希は下書きボックスの怪しいメールを開いた。宛先は自分のメールアドレスで、文字もなく、画像もなく、署名もなく、URLだけが真ん中に書かれていた。何希がそのURLをクリックして開くと、動画サイトに直接アクセスした。その2日前に更新された動画の中では、彼女が自分で撮影しながら笑顔で知らない言葉の歌を歌っていて、後ろの背景が次々と変わっていっていた・・・

何希は何度も何度もこの動画を見て、これがいくつかの動画を切り貼りして作られていることが分かった。その一つのシーンはケーキ屋のある商店街の小さな広場で、晴れた午後、彼女が頭を振りながら楽しく歌っていた。何希はそのシーンで画面をとめて、彼女の後ろの背景を少しずつ拡大した。彼女の後ろにある洋服店のショーウインドーには「中秋節バーゲンセール」と書かれた看板がある。五日前に、何希があの広場を通った時にはこの看板を見なかった。中秋節までまだ1ヶ月近くあり、バーゲンセールは始まったばかりに違いない。そう考えると、何希は思わず身震いをした。この動画の撮影日には問題がある。彼女が死ぬ前で、何希が研究室に入った初日だとすると、背景が晴れているはずはない。その日は雨が降っていたのだから。死んだ当日だとすると、彼女にそんな時間があるはずはない。まさか動画は撮ったばかりのものなのか?じゃあ死んだのは彼女じゃなくて、誰なんだ?画面の向こうで歌っているのは誰なんだ?

何希の彼女の動画は、彼女のAIによるものではないでしょうか
あなた個人のAIが何をできるのか見てみましょう

今週日曜の午後4時、創直播放送はシリコンバレーの人工知能プロジェクトPAIと協力し、もう一人の自分がもたらす驚きと喜びをあなたに体験してもらいます。

個性的な人工知能の経済ネットワークProject PAIは、まさにSF映画のシーンを現実にしています。
Project PAIは、PAIファンド会のために開発された人工知能共有ブロックチェーン協議です。ブロックチェーンを使用して人工知能に対し、認証、管理、データ学習及び応用開発の提供を行うことができます。簡単に言えば、Project PAIに基づき、誰でも自分の人工知能のイメージ(アバター)を生成することができます。それはあなたと見た目が似ていて、話し方も似ていて、そしてどんどんあなたを理解するようになります。

詳細:
シリコンバレーのイノベーターと話をして、ブラックテクノロジーについてさらに理解しましょう。

エンゼルスグローバル
エンゼルスグローバル(AngelsGlobal、AG)は2014年8月にアメリカで誕生しました。シリコンバレーと上海にオフィスを持ち、すでに世界各地をカバーしています。国際科創プロジェクトで、中国におけるワンストップ方式の導入、産業とのマッチング、投資の孵化に取り組んでいます。傘下には硅航資本もあります(ゴビ創投と硅航ゴビファンドを共同管理)。創直播放送はイノベーターの専属生放送として、世界で最新のイノベーションの実戦例をオンラインで講義することを主な内容として、イノベーターの成長をサポートします。 創始者である詹朋朋博士は復旦大学の中国リスク投資研究センターの副主任であり、AlumXグローバル名門校創客会会長でもあります。
Quote 0 0