aberteaux
動画、顔認識システム、自動運転等、最も注目されている領域において、深層学習、機械学習、神経ネットワーク等のAI技術は飛躍的な進歩を果たしました。

無数のAIのスタートアップ企業が次々と現れ、AI企業融資の速度と発展の規模から考えると、一旦、大きなAI技術の波が到来すれば、私達の生活の中にすぐさま浸透し、日常的なコミュニケーションや仕事と密接な関わりをもつことになるでしょう。

ObENは2014年に設立された米国カリフォルニア州に本部を置くAI、AR及びVRに関わるテクノロジー企業です。

ObENは顔認識、発声モデル等の訓練を通じて、表情豊かな、正しくきれいな発音をする人間の3Dモデルを再現できます。

ObENは既に韓国を代表する巨大エンターテイメント企業であるSMエンターテイメントと共に香港幻星という合弁会社を設立し、公式認可を得たEXO、東方神起、レイ(張芸興)、ビクトリア(宋茜)等の有名芸能人のAIモデルを再現することになっています。

2016年11月、ObENは総額770万米ドルのシリーズAで調達調達を実現し、2017年6月に騰訊(テンセント)とソフトバンクのリードインベスターによる600万米ドルのシリーズA+の資金調達を実現しました。共同設立者の鄭毅氏によると、ObENは大量のIPヘッダ、アイドルとのコミュニケーションプラットフォーム資源を所有しており、提携企業はアジア太平洋地域の巨大なコミュニケーションプラットフォームに行き渡っています。

共同設立者で最高執行責任者の鄭毅氏は、ブロックチェーンは先進的な生産関係であり、人工知能は先進的な生産力です。この二つが相互に促進し合えば、互いのデメリットを克服できると言います。
image1.jpeg
鄭毅博士はObENの共同設立者で最高執行責任者です。ObENの前に、鄭博士は中国最大の婚活サイト百合網Baihe.comを設立しています。米国Lightspeed Venture Partners及び同投資有限公司の投資ディレクター、米国TPG傘下の新橋資本(Newbridge Capital)の投資マネージャーを務めた経験があります。百視通(600637)(BesTV)、星空傳媒(スター: STAR)/灿星制作(スターチャイナTVの制作会社)、新・(糸へんに旁が糸)路モデルエージェント等を含むプロジェクトに投資を行ってきました。

鄭毅氏はPAIチェーン大使の肩書きも持っていますPAIとは「個人化した人工知能(Personal AI)」の略で、個人の人工知能開発為の公式ブロックチェーン協議のことです。
PAIは自分と見た目も話し方もそっくりで、更に自分の智能を学習していくモデル(Avatar)のこと。PAIは全て、最初の主人が作成し、コントロール及び管理を行います。
各自がPAIを使用するのと同時に、システム全体にデータと資源を貢献することができ、利益が生まれます。Obenは初めてPAIブロックチャートにおいてアプリケーションを実行する開発チームです。
image2.jpeg
PAIは全世界で最初のパーソナル人工知能の為に開発されたブロックチェーンネットワークであり、技術業界で最も注目を受ける二大IPとして、人工知能とブロックチェーンの発展は、今日まで自身では突破することが困難なボトルネックに遭遇してきました。
個人化した人工知能が生まれた時、鄭毅氏のチームはビジネスの需要を発見。

鄭毅氏は、ブロックチェーンと人工智能4つの方面で相互促進を実現できると言います。

最初に、人工知能はブロックチェーンの信頼システムを必要とします。
人工知能とその主人との間の信頼関係は人工知能が生まれた最も重要な要素です。

10年前,Second Life等のバーチャルコミュニケーションソフトは爆発的に成長しましたが、急速に衰退しました。その原因はユーザーが自分の思いのままに年齢、性別を問わず、自分のバーチャルモデルを作成したことにあります。多くのユーザーが多くの時間、金銭コストを投じた後、その人物の背後にあるリアルな個人を更に理解したいと思った時、かえってバーチャルモデルと個人の大きな違いに気が付き、過熱化したソフトも次第に衰退しました。

アイドルの立場からすれば、真実性は更に重要になります。ObENは創業初期に韓国のSMエンターテイメントと契約を結び、SMに所属する芸能人の人工知能を設計した時、ObENがこれらの公式認可を得て作成したAIモデルはファンに受け入れられました。個人であれ、アイドルであれ、認められるリアルなAIモデルを作成するにはデータ認証を経なければなりません。しかし鄭毅氏は、現在、普遍的で信用できる共通認識の基礎がないことで、真実性が100%受け入れられないことに気付きました。「私達は、多くの身分認証や管理方法を試しましたが、最終的にブロックチェーンを使ってはじめて、全世界共通で認められる共通認識システムの認証方法を提供することが出来たのです」。昨年から、ObENがブロックチェーンと個人化した人工知能との融合を始めたことで、全てのユーザーが自分の人工知能との真実性の関係を確定でき、個人で人工知能の誠実性のあるネットワークを構築することができます。


第二に、ブロックチェーンは人工知能が権力を持たず、ユーザーが自分の人工知能のコントロール権を持つことを実現したことです。PAIチェーンが誕生し、ObENはもはや他の組織やプラットフォームに頼ることなく、ブロックチェーンは権力を、ユーザー各位の手に移し、ユーザーは人工知能のコントロール権を所有し、より多くのユーザーがPAIチェーンにおいて人工知能を作成しするようになるでしょう。鄭毅氏は、ユーザーが増加する過程でPAIチェーンは大量のデータを収集し、更に深く訓練した人工知能モデルを用いて、PAIチェーンに基づくコミュニティの生態はより充実していくと話します。
では、これら一切のことは一体どうやって実現するのでしょうか?

それには、PAIチェーンとそのマイニングシステムについて説明する必要があります。

PAIはユーザー本人の授権代表であり、それはユーザーのオリジナルの容貌と音声、行動と識別機能を持ちます。PAIチェーンはビットコインが生成される基礎において、分岐した派生チェーンで、ビットコインのブロックチェーンにおいて価値を保存する方面で優位性を保っており、ブロックチェーンネットワークの拡大発展の可能性を向上させています。人工知能の応用チームに大量の並列計算をする必要がある場合、PAIチェーンのスマートコントラクトを通じて、分岐したPAIチェーンでマイニング担当し、マイニングを行って計算に貢献した人は、PAIコインの報酬を貰うことが出来ます。後続する操作工程はビットコインのブロックチェーンと似ています。PAIのブロックチェーンの取決めは、ユーザーを認証し、そのPAIの唯一性、真実性を確保することができ、ユーザー或いは開発者から発生または提出されたデータの真実性を検証することもできます。ブロックチェーンで認証を行うことを手伝った人はみな PAIコインを報酬として受け取ることができます。簡単に言うと、ユーザーはAIモデルの授権を通じて、PAIチェーンからユーザーの原始データを得て、ユーザーが伝えたデータの増加に伴い、マイニングをする人は計算に貢献して、開発チームが行うデータの計算分析を手伝い、開発チームは更に多くのPAI技術を開発することができます。

「どの人もみなPAIを持ち、どのPAIにもそれぞれの人工知能がある場合、多くのDapp開発者は、更に多くのPAIに基づくアプリケーションを開発することができ、PAIを取り囲む生態システムもこれにより成立し、人工知能技術を積極的に良性の方向へ発展させます。


第三に、人工知能がブロックチェーンを「中央化」に更に近づけることです。
ブロックチェーン技術は中央化の特徴がよく公言されますが、現在まだ「中間の存在」から離れていません。

ブロックチェーンは今日まで発展を続け、データの保存と管理の役割を多く演じてきました。しかしインターネットの発展初期と同じように、それ自身では最適な解決方法を抽出することができず、消費者に、更に進んだ個人化のサービスを提供することはできませんでした。

最近話題の「イーサリアムで猫を飼うアプリケーション」を例にすると、最初は面白さから多くの消費者はイーサリアムで猫を購入しますが、猫が増えるにつれ、更に多くの猫がデータの海の中で埋もれてしまい、ユーザーの資産も投資に実現させることが困難になります。
鄭毅氏は、これはイーサリアムの猫のデータバンクで、機械学習及び人工智能を導入していない為に、猫とユーザー需要がマッチングせず、本当の「キラー級」アプリケーションになれなかったと考えています。

「よって、多くのブロックチェーンには、やはり「中間の存在」の役割がユーザーと企業の情報を接合することが必要であり、中央化を正しく実現できません。人工知能と機械学習によってはじめて、今の簡単なデータの保存管理から、未来に向けて正しい応用にバージョンアップし、最終的には中央化のアプリケーションを演じるようになれます。」
最後に、ブロックチェーンと人工智能の並列計算法は共にネットワーク効率の最大化を実現するということです。

ブロックチェーンのネットワークにある計算力資源を充分に利用します。

現在、人工知能の領域の普遍的なやり方は、大量の人工知能の計算と各種の訓練モデルを通じて、競争により最も優秀な智能のAgent(自律的にソフトまたはハードの実体で活動する)を得るという方法です。私達がよく知っているAlphaGoもこの方法により生まれました。主なやり方と異なる点は、PAIチェーンの開発チームが並列計算を行う場合、もはやAgentをアマゾンウェブサービスに伝えて競争比較する必要がないことです。
この代わりとなるのが、マイニングする人が貢献する計算の転用で、ブロックチェーンの競争分析を通じて最も良いモデルを得ることができます。
これはPAIチェーンネットワークのコアとなるもので、マイニングする人はPAIコインの報酬を得ることができ、PAIチェーンは使われずにいた計算資源を人工知能の訓練材料に転化し、PAIコミュニティの発展を促進させます。

世界トップレベルの大学と研究機関は既にブロックチェーン+人工知能の研究に着手しています。スタンフォード、バークレー、カーネギーメロン等の大学の実験室では、スマートコントラクトに基づき分散型人工知能の計算とネットワークの研究が行われています。

鄭毅氏は、人工知能の誕生はブロックチェーンのデータ構造と管理方式が必要だと考えます。

未来における人工智能とブロックチェーンの融合傾向について、鄭毅氏は計算方法のイノベーションにおいて絶えず高い効率の計算方法が生まれ、次に分散型人工知能とブロックチェーンの融合力は絶えず発展し、最終的には人工知能のデータに対する需要問題が解決できると考えています。

鄭毅氏は、人工知能は社会全体の発展に伴い、中央化と民主化の方向へ進んでいくと以下のように話します。
もし、業界全体がいくつかの巨頭に掌握されている場合、一旦故障が起これば、社会の大きな混乱を招くでしょう。人工知能から権力を離していくことではじめて故障の影響を限りなく低くすることができます。

同時に、更に多くの人が自分の人工知能を持つことは、人工知能の社会認知を次の段階へと推し進めます。

2016年はAIの年でした。2017年はブロックチャートの年で、2018年はAIとブロックチャートが融合へ向かう年となるでしょう。「私達は既にPAIプロジェクトの誕生からこれらの傾向を見届けました」AIは更に複雑な技術へと変わるかもしれませんが、PAIチェーンはAIを更に簡単なものに変えることが出来ます。
Quote 0 0