aberteaux

ProjectPAIのコミュニティーの皆様、こんにちは!Project PAIの最新情報をお伝えします。

 

[image]

 

世界のステージ、上海にて

 

Project PAIの早期採用者、ObENが今年の「ワールドAIカンフレンス」にいると聞きましたか? 世界中の政府関係者、VIP、役員、参加者にパーソナルAI技術を展示するために主催者から特別に招待されたObENのブースでは、自分のパーソナルAIを作ることができる楽しい体験ができます。ここで会議について読むことができます。

 

[image]

中国の政府関係者にパーソナルAI技術を披露するObENチーム

 

ロンドンへ!

 

先週、プロジェクトPAIはロンドンの中心で打ち上げイベントを開催し、プロジェクトPAIを英国のブロックチェーンコミュニティに紹介しました。参加者は、プロジェクトPAIエコシステム、分散型データ交換を可能にするテクノロジー、「Proof of Useful Work」のような今後の開発について学ぶことができました。多くの人たちは、PAIコインを得ることができました。すぐに英国に戻ることを楽しみにしてます。

 

[image]

プロジェクトPAIのUKイベント

 

プロジェクトPAI早期採用者は忙しくしているようだね…

 

9月13日に、プロジェクトPAIの早期採用者のObENは、「モバイルワールドカンフレンス」のパネルで講演しました。 ObENのCEO、Nikhil Jain氏は、4年後の技術開発の予想と、PAIのような技術が人々のモバイル・テクノロジーの利用方法を変える方法について話しました。ObENの共同創業者は、開発者と技術に焦点を当てたブロックチェーン業界のカンフレンスである「BlockWorld 2018」で、ブロックチェーン・ヴィジョナリー賞を受賞しました。

 

[image]

ObENのマーケティング、パートナーシップ担当副社長、Sho Guo氏が共同創業者の代わりにブロックチェーンヴィジョナリー (Blockchain Visionary) 賞を受け取りました。

 

今後のイベント

[image]

 

9/20 AI LA - プロジェクトPAI早期採用者ObENは、AIがブロックチェーンのためにできることとAIにもたらすことができる技術革命についてAI LAのパネルで話します。

 

9/22 TEDx Pasadena -  Project PAI早期採用者のObENは、今年の

TEDxPasadenaのイベントでパーソナルAI技術を披露します。

 

10/7 Berkeley China Summit (バークレー・中国・サミット)ObENの共同創業者であり、COOであるAdam Zheng氏は、バークレーで開催されるバークレー・チャイナ・サミットでブロックチェーン技術の研究と開発について話します。

 

10/22 ABC Pasadena Meetup - 「Innovate Pasadena Connect Week」の一つのイベントとして、10月の「Pasadena AI、Blockchain、Crypto」ミートアップでは、南カリフォニア大学の「Viterbi Center for Cyber-Physical Systems and the Internet of Things (CCI)」の最高責任者のBhaskar Krishnamachari氏が話す予定です。 IoT、スマートシティなどにおける分散型データ経済の重要性について話します。このミーティングでは、開発者Mark Harvilla氏のプロジェクトPAIの技術ディスカッションも予定されています。

 

それでは、次の新着情報でお会いしましょう!

 

ニュースレターの購読申し込み:  https://projectpai.com/#sign

最新のニュースや最新情報については、プロジェクトPAIのコミュニティーにご参加ください。

 

PAI Forum:  https://www.paiforum.com/?forum=665379

Line:  http://line.me/ti/g/ydZqoNZFOX

Telegram:  https://t.me/ProjectPAIJapanOFFICIAL

Twitter:  https://twitter.com/projectpai

Facebook:  https://www.facebook.com/projectpai

Medium:  https://medium.com/project-pai

Youtube:  https://www.youtube.com/c/projectpai

 

© 2018 Project PAI Foundation

Quote 0 0